手書き製図はまだまだ現役!CADと比較した場合のメリットとデメリットとは?


場所を選ばず手軽に図面が作れる

現代では、効率的な製図を行うために、CADが主流となりつつありますが、手書き製図が完全に廃れたわけではありません。手書き製図には、CADにはないメリットがあります。手書き製図は専用の道具があればより高精度な図面が作れますが、そのような道具が必須というわけではありません。紙と鉛筆、定規程度の道具があれば、手軽に製図作業が可能です。CADのように、コンピュータとソフトを用意する必要がありません。また、CADは、製図できる場所が限定されることが多いです。特にパソコンを使用する場合、ノートパソコンやタブレットが必要となります。それに対して手書き製図は、場所を選ばないという強みがあります。屋外の建築現場や、クライアントとの打ち合わせ場所などで、手軽に図面を書くことができます。

複雑な操作が必要ない

CADを使って製図をする場合、いくつものコマンドを活用しなければなりません。そのため、特にコンピュータの操作に慣れていない人は、そのコマンドの活用に苦戦しがちです。それに対して手書き製図は、コマンドのような複雑な操作がありません。ただ線を引くという動作だけで、図面を完成させられます。

効率が悪く習得に時間がかかるのが弱点

CADと比較した場合、作業の効率が悪くなりがちなのが手書き製図の弱点です。CADを使えば手軽に修正やコピーができるところも、手書きだと時間をかけなければなりません。また、技術を習得するのに、時間がかかりやすいのも弱点です。人によっては、安定した太さや濃さの線を引くために、何度も練習が必要な場合があります。その点CADであれば、線の太さや濃さは、コンピュータ側の設定で統一させることが可能です。したがって、技術習得までの期間が短くなりやすいです。

電気CADを勉強するときには、無料のソフトを使うと学習しやすいです。実際に動かしてみるとこで理解が早まります。