CADを採用して効果的に事業活動を行うためには何が大切?


業務の性質や目的に合うCAD専用のソフトを購入しよう

CADを採用する理由は各企業の業種や事業内容、従業員数などによりますが、事業活動をより効率よく進めたい場合には、じっくりと専用のソフトの選定を行うことが肝心です。CAD専用のソフトの種類には様々なものがありますが、実際の業務に見合ったものを購入するには、早い時期から発売元の資料をチェックして、主な機能や操作の仕方など大事なポイントを掴む必要があります。また、予算の面で余裕がある場合には、多様な業種の企業からCAD専用のソフトの開発を請け負っているIT関連企業などに相談をするのも良いでしょう。オーダーメードのCAD専用のソフトを選ぶ際は、多額の開発コストが掛かるケースもあるため、慎重に社内で打ち合わせをすることが大切です。

CADソフトを運用する社員の育成もしっかり行おう

CADソフトはデザインや商品開発などの作業に欠かせませんが、特にパソコンの操作に疎い社員の中には操作方法が分からない人や、基本的な機能を使いこなせる前に時間が掛かる人もいます。そうした問題に対処するには、CADソフトの扱い方について車内で研修会やセミナーを開催したり、コンピュータグラフィックスや情報処理のスキルを有する社員が直接指導を行ったりするのも有効です。また、CADの初心者でもスムーズに便利な機能を使える市販のソフトも登場しているため、各部署の責任者が中心となって時間を掛けて色々な種類のソフトの特徴を比較するのも良いでしょう。その他、個々の社員がCADに関するスキルアップを図れるよう、日々の仕事に役立つ資格取得に向けた支援を行うという方法もあります。

水道CADは上水下水設備配置図や配管図の図面を設計作成するものです。また専用ソフトがあるため簡単に作成することも可能です。